ウィーン応用芸術大学 Universität für angewandte Kunst Wien

名前:吉村 みなみ
科・専攻:美術研究科
留学年次: 修士課程 2年次
留学中の本学での身分: 休学
藝大の指導教員:河北 秀也
留学先: ウィーン応用芸術大学
留学期間: 2014年9月24日~2015年3月21日
留学先の指導教員:Jan Svenungsson

 

01留学までの経緯

*留学を志したきっかけ

■印刷の技術をもっと身につけたいと思った。海外で日本はどう見られているかが見れるとおもった

*留学先大学を選んだ理由

■治安がよいこと、綺麗な街だということ、伝統と文化を大切にしている街だと感じたので。

*留学前の短期研修歴

■なし

 

02留学の準備

*語学学習法

■芸大で語学の授業をとれるだけとった。外国人の友達をつくった。

*語学試験受験/試験名

■有/TOEIC

*出願手続きや入試内容

■ポートフォリオ審査

*ビザの種類

■なし/オーストリアは半年まではビザがなくても滞在できるため申請する必要がなかった。

*奨学金申請の有無

■有

*奨学金名称

■JASSO

*奨学金の種類

■貸与

*支給内容

■8万円/月

*加入した海外保険の種類

■日本の海外留学保険

*加入した保険名

■東京海上日動 留学保険

*加入したプラン

■6ヶ月のプラン

*加入した海外保険の費用

■10万円

*留学前の予防接種/種類

■なし

 

03留学中

*現地での出迎え

■なし

*到着後のオリエンテーションの有無・内容

■なし

*履修方法

■GEST STUDENTだったので履修はしなかった

*受講して満足した授業

■週3日あるヌードドローイングの授業。

*大学の雰囲気

■清潔でどの科の人でも授業が受けることができる、自由な様子だった。

*留学先の支援体制

■語学は週1日留学生向けに用意されていたが、基礎の基礎だったため、受けても語学の進展はなかった。住居の支援がなかったことが一番困った。

*留学先の街について(治安・気候・利便性・交通機関など)

■治安は観光名所以外は問題ない。交通もセミスターカードを購入すれば半年間安い値段でウィーン市内の公共交通が乗れて便利だった。

*留学中に得たこと

■プリント技術、プレゼンの仕方や、語学力。

*住居の種類

■ホームステイ

*部屋の種類

■ 3人部屋

*ルームメイト

■同性のみ

*バスルーム・キッチン

■共同

*食事

■自炊

*住居を探した方法

■オンライン

*留学希望者に推薦できますか

■最初の日本人の家にホームステイしたのはあまり良いとは言えない状況でした。その後、友人のところにルームシェアさせてもらえることになってからは快適でした。

*大学の休暇時期

■2月2日~3月2日

*住居の一時退室

■なし

*住居に関するアドバイス

■日本人の家に住むよりも現地の人と住んだほうが学べることが多い。ネットで探す場合、条件や立地など確かめてから決めるとよい。

*留学中の通院経験

■なし

*留学先での銀行口座開設の有無/開設した銀行

■なし

*開設銀行を選んだ理由/口座を開設しなかった理由

■デビットカードが利用できたので、送金なども楽にできたから。

*主に使用した支払い方法

■現金、クレジットカード、デビットカード

*生活面に関するアドバイス

■クレジットカードは使えるものを2枚(1枚は家に置いておく)は用意したほうが良い。スリが多いのでもしなくなってもすぐ対処できるようにすると良い。警察は動いてくれないので。

留学経費

 留学経費
 渡航費  12万  円
 入学金  なし
 授業料  なし
 教材費  5万  円
 住居費  28万5千  円
 食費  8万  円
 保険料  10万  円
 ビザ申請料  なし
 旅費  10万  円
 総額  約73万5千  円
 現地通貨:ユーロ

 

04留学を終えて

*卒業・修了後の進路予定

■就職

*卒業・修了見込年月

■2016年3月 卒業

*就職活動場所

■日本

*希望する就職先

■民間企業

 

05その他

*留学中行って良かった美術館・コンサート等

■ウィーンの自然史博物館、MAK(大学付属の美術館)、オペラ座

*留学準備・留学中に役立った書籍・ウェブサイトなど

■ドイツ語単語の本(帰り荷物の重量制限のため現地においてきてしまって名前が分からない)

*留学に役に立った藝大の授業

■英会話、ドイツ語会話の授業

*理由

■語学を使う機会が増えるため。ドイツ語会話はもう少し日常会話を増やしてほしかった。

 

IMG_5639

IMG_5635

※学外へは一部を抜粋して公開しています。
※国際企画課窓口にて同じ内容の報告書を閲覧することができます。