ヴュルツブルク音楽大学 Hochschule für Musik Würzburg

profile_ohira

大平健介 OHIRA KENSUKE

専攻
音楽・オルガン

学歴
2010-2012 ドイツ・ヴュルツブルク音楽大学(Meisterklasse Orgel, Kirchenmusik-B)
2009-2010, 2012- 東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程
2004-2009 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業

 
受賞歴
2010  DAAD(ドイツ学術交流会)給費留学生(2年)

 

 

 

01.留学までの経緯

「留学を志したきっかけは?」

オルガンはキリスト教を背景としてヨーロッパで生まれ、発展した楽器であり、一台一台がそれぞれの土地の特色を時代と共に色濃く受け継いでいます。ヨーロッパに身を置きながら、各時代、各作曲家ゆかりの楽器を実際に訪ねて学びを深めたいという思いから、いずれは留学をしたいと、藝大入学前から考えていました。

 

「本格的に留学を計画し始めたのはいつですか?」

実際に計画を始めたのは大学院1年目、前期の終わった頃です。大学院2年の後期から休学してドイツへ留学できるように、願書の提出、受験、留学に備えての奨学金申請等の準備を始めました。

 

「留学先に当該機関(大学等)を選んだ理由は?」

良い師のいる場所へいくか、良い楽器のある場所にいくか、という選択肢はオルガン科の学生なら誰しも一度は考える点かと思いますが、僕の場合、師事したい先生が見つかり、また留学先のオルガン科では、留学の目的のひとつでもある歴史的楽器へのアプローチに重点を置いていることが事前に分かったことから、自分にとても相応しい留学先なのだと確信を持てるようになりました。事実、月1度行っているオルガン遠足、また歴史的楽器における演奏会(ベルリン大聖堂、そしてリューネブルクの聖ニコライ教会では【M.レーガー:全曲シリーズ】、またヴァルタースハウゼンの市教会では【J.S.バッハ:クラヴィーア曲集第3巻全曲】 )などから得た経験は計り知れないものがあります。

またドイツに留学したいと考えていた僕は、時間さえ許すのならば、教会音楽科を専攻することがオルガニストにとっては最良だと考えており、現在、オルガン科と教会音楽科の両方をそれぞれ専攻しています。教会音楽を専攻するにあたり、やはりどの合唱指揮の先生に師事するのか、ということも非常に重要なポイントとなります。冒頭の言葉を言い換えるならば、良いオルガンの師か良い合唱の師か、どちらに重きを置くかが教会音楽科の入学先を決める鍵となるでしょう。実に幸運なことに、僕の場合は、つきたいと思った先生が、たまたま二人ともヴュルツブルク大学で教鞭を執られている方だったのです。時期と場に異なる出会いを得たにも関わらず、この偶然は、自分の確信をさらに強めることとなりました。

ちなみにオルガン遠足とは、先生が「特にどんなことを学びたいのか」と学生に尋ねたときに、最も多かった声が「楽器についての経験」だったことから発足したものです。この遠足は授業カリキュラムにはまったく含まれない、まさに特別授業と呼ばれるもので、早朝、大学前に車数台に分かれて集合、1日をまるまる使って楽器訪問をするというものでした。ドイツ全体に渡って行われたこの遠足は、片道が3~4時間になることも珍しくなく、帰りはほとんど深夜になっていました。しかし大変だったことは、それがオルガン科企画の特別授業であったために、他の授業も1日休む必要があったことです。

 
Waltershausen
ヴァルタースハウゼンの市教会、トロースト・オルガン

 

ohirakensuke02
オルガンの場合は、その土地ではなく楽器を基準に演奏会が企画されることが多いため、ヴュルツブルクから移動することは珍しくありません。むしろ、移動がほとんどでしたので、慣れない地での移動テクニックも大事な能力のひとつです。車がない場合には、電車、路面電車、バスなどを乗り継いだ挙句に、街灯ひとつない村を延々歩かなければならない場合もあります。また日本と大きく異なり、ドイツの電車は未だに遅延が多く、大混乱に巻き込まれてしまうことがあります。そのような理由からも、やはりドイツにおけるオルガン探訪には車が欠かせないということを、この2年間で嫌というほど痛感しました。
どの遠足もそれぞれに実にかけがえのないものでしたが、その中でも特に印象に残っているのはヴァルタースハウゼンの市教会、トロースト・オルガン(1730)での演奏会です(歴史的楽器における演奏会は、オルガン科全体のとき、Meisterklasseの数人のとき、先生や知人から紹介を受けて一人のときと様々なかたちで行われます)。
Meisterklasseの3人で3日前から近くのペンションに泊まり込み、24時間フルに使って取り組みました。とにかくスケールの大きな楽器に、僕自身、慣れるまでは鍵盤に足が届かず手が届かず、とにかく時間を要しました。そして極め付けは、鍵盤がものすごく「重い」(重く感じた)ことです。手も足も出ないとはこのことを言うのでしょう。しかし、楽器から教わるとはよく言ったもので、中でも歴史的楽器は名教師となりえます。どん底まで落ちて悩み、挫折を味わった後にやってくるのは希望の光。楽器を鳴らそうと試行錯誤していくうちに、自身の悪い癖、悪い姿勢が、自然と直されていくのを感じました。他のオルガンでは通用していた演奏法も、この楽器では通らない。僕が変わらなければならない。真剣に考えました。
トローストの楽器は素晴らしい。オルガンが鳴っているとき、その圧倒的な存在感は僕の心をわしづかみにして離さない。そびえたつオルガンが、その響きと共に今にも空へ発進していってしまうのではないかというイメージを抱かせるほどの響き。その体験はしっかりと身体に染み込み、自分の中に残ってゆく。
ヴュルツブルクのいつも触れている楽器に帰ってきた時にも、僕の演奏が変わっていることに自分で気付きました。先生の微笑みを見て、あぁ、先生はこのことを僕にずっと伝えたかったのか……と思いました。百聞は一見にしかず、とはオルガン探訪にぴったりの表現です。

 

 
 
ohirakensuke03
ヴュルツブルク、マイン川に浮かぶマリーエンベルク要塞
ドイツで最も美しい都市のひとつに数えられる、まるで地上の楽園のような街ヴュルツブルク。フランケン地方を代表するワインの産地としても知られ、そのワイン文化は留学生活をさらに豊かなものとしてくれました。

 

03.留学中

「学校や現地での生活はどうでしたか?」

自然が豊かにあり、また時間の流れにもゆとりが感じられるヴュルツブルクはとても素晴らしい街でした。ドイツでは朝に夕にジョギングをしている人の姿が目立ち、どこにいても鳥の声、そして教会の鐘が聞こえてきます。冬を除き(!)、過ごしやすい気候なので気分転換に散歩もよくしています。オルガン科では学期始まりに山登り遠足が恒例となっており、のんびりと穏やかな雰囲気が印象的でした。

それでも、学生生活はとてもハードなものでした。オルガン科だけに在籍していれば、僕の留学生活もさらにゆとりの持てるものとなったと思いますが、教会音楽科が学部にあたるために講義授業も多く、そのそれぞれについていくのも非常に大変でした。卒業するまでに取得すればよい、という単位はなく、各試験に合格していかなければ退学になってしまうことも大きなプレッシャーのひとつでした。しかし教会音楽科の授業にはやはり、発音・朗読の授業、弾き歌いの授業……など興味深いものが多く、中でも授業の詰まっている水曜日から金曜日にかけては特に、スケジュール的にも毎週が勝負の連続でした。

【時間割の一例】
[水曜]
10:00-12:00 合唱
12:15-14:00 合唱指揮レッスン
14:15-15:00 指揮個人レッスン
18:00-19:00 指揮グループレッスン
19:30-22:00 オルガン実技レッスン

[木曜]
9:00-10:00 オルガン建造法
11:00-12:00 即興実技
12:15-13:45 和声法
14:00-15:00 歌曲伴奏
19:00-22:00 オルガングループレッスン

[金曜]
9:30-10:00 初見演奏
11:00-12:00 グレゴリオ聖歌
12:30-14:00 ピアノ実技
14:30-16:00 教会音楽史
16:30-18:00 典礼学

補足ですが、オルガンの実技レッスンは時刻が23時、0時を過ぎることも珍しくなく、毎週、いかに食事・睡眠を確保するかが僕の大事なテーマとなっていました。日本のようにいつでもコンビニが開いているわけではありませんから、スーパーやお店の閉まる時間、夜間でも開いている飲み屋、などはいつもチェックしています。意識して取り組んでいないと簡単に体調を崩してしまう中、プロジェクト・本番が重なってくる時は本当に厳しいものがありました。

では、いつ練習しているのか、という声も聞こえてきそうですが、ヴュルツブルクのオルガン科の場合は幸いにして練習室が予約制ではなく、行けばどこかしらの部屋が空いている環境は有り難かったです。また夏休み・冬休みに限定されたことですが、普段は夜21:30には下校しなければならない大学の中で、オルガン科には24時間練習室が解放されている点も、短期集中方の僕には嬉しいことでした。

大学生活において、特に刺激的だったのはカンタータクラブの活動です。これは藝大在学中に在籍していたバッハ・カンタータ・クラブをイメージして、ヴュルツブルクへ留学後に僕が新しく設立した団体なのですが、教会暦に従った年4回の演奏会、(もちろん日本語が通じないために)終始ドイツ語による練習、クラブの運営、パーティー、なにより素晴らしい響きのある教会の中で演奏のできたこと。それにかけたすべての時間、練習、地元紙インタビュー(!)、先生、そして学校からの楽器使用許可を得るまで、すべての濃い歩みに感謝しています。またこの活動を通して得た友人の輪は、かけがえのない宝物です。

 

ohirakensuke06
ヴュルツブルク・バッハ・カンタータ・クラブ

 

(2012.8.18)

 

※学外へは一部を抜粋して公開しています。