ワイマール・バウハウス大学  Bauhaus-Universität Weimar

名前:             清野仁美
科・専攻:      先端芸術表現
留学先:        Bauhaus-Universität Weimar
留学期間:    平成24年3月4日~平成25年3月31日

■留学までの経緯

*留学を志したきっかけ
対話とコミュニケーションをテーマにした作品を制作してきました。通じてしまうが故に日本語表現に頼り過ぎた実感と反省を受けて、日本語以外を用いて作品を制作・公開すべく留学を決意しました。
*留学前の短期研修歴
渡独1ヶ月前に英会話の個人指導を1ヶ月間
*留学先を選んだ理由
ドイツへの興味、バウハウス大学の歴史、Freie Kunst という学科の意義に惹かれたから。
*留学の目的
留学を志したきっかけとも重複しますが、【日本語以外を用いて作品を制作・公開すること】【とにかくできる限り多くの作品と作家に触れること】
この2点に尽きます。多様な言語、国籍、文化的背景をもつ生徒たちと学び、作品を見て、今後自分の作品でなにをどう、世に問うかを決定づける事ができると思います。

■留学の準備

*語学学習法
語学学校のクラスを受講。あとは友人をつくって会話やメールをなんとかする。
*出願手続きや入試内容
入試は受けていません
*奨学金申請の有無や申請方法のコツ
特になし

■留学中

*学校や現地での生活の実際
学生や学生グループの優遇制度があったことで、寮費や交通費美術館の入場料をはじめ、安く生活できました。留学生と旅行者の多いのどかな街で、語学力以外は大きな障壁も無く、楽しんで毎日を充実させることができました。
*留学中に得たこと、困ったこと
複数の言語を操り、家族内の国籍が異なったりといった人々もいる中で、固有なものについて考えめぐるうち、味覚に思い至りました。興味だけでは超えられないもの、受け入れられないもの、拒絶してしまう味や食感、食材は、人間の究極かつ根本であり、その背景となる文化、風土、慣習、信仰などに深く根ざしています。この実感を伴う発見は貴重なものでした。

■留学を終えて

*留学経験を踏まえた将来の展望
国外へ出て生活・制作することへの不安が払拭されたばかりか、より多様なものを扱い、多くの異なる視点と立場をもつ人々と、作品を通じて時と場所を共有することの価値を強く感じました。自分の持ち味や立脚点、輪郭がはっきりしているうちに、普遍的な強度のある作品を国内外で発表していけたらと思います。

ワイマール・バウハウス大学(清野仁美)1 ワイマール・バウハウス大学(清野仁美)2

※学外へは一部を抜粋して公開しています。