ハレ・ブルグ・ギービヒェンシュタイン美術学校 Burg Giebichenstein University of Art and Design Halle

名  前: 大木戸 美緒
科・専攻: 先端芸術表現専攻
留 学 先: ハレ・ブルグ・ギービヒェンシュタイン美術学校
留学期間: 平成25 年 4 月 ~ 平成26 年3 月

■留学までの経緯

*留学を志したきっかけ
 学部3年の時、将来の進学先としてドイツの美大も選択肢に入れたかったため、まずは藝大の短期交換留学制度でドイツの美大に在籍し、現地での大学生活や日常生活、現地の言葉に慣れることを目指した。

*留学前の短期研修歴
 特になし

*留学先を選んだ理由
 歴史的背景から旧東独地域の生活に興味を抱いた。藝大の提携校で旧東独地域にあるのはワイマールのバウハウス大学かハレのブルグであるが、ワイマールは観光地として有名であり、日常生活のフィールドワークの対象としては適切ではないように思えたため、ハレのブルグを選択した。

*留学の目的
 戦後の現代美術を参照にするにあたって、敗戦国でありながら大きく戦後の現代美術をリードしたドイツ美術の研究。その土壌となったドイツ社会の一員として、ドイツ社会のフィールドワーク。特に旧東独地域や東西に分裂していたベルリン、今日の移民状況等に重点を置いた。

■留学の準備

*語学学習法
 学期中は週1回大学で行われる交換留学生向けのドイツ語の授業と、週3回夕方〜夜に行われるVolkshochschule(市民学校)のドイツ語の教室に通い、長期休暇中は民間の語学学校に毎日通った。

*出願手続きや入試内容
 藝大の交換留学プログラムなので特になし。ただし科の国際交流担当教員を通じて経歴書と簡単なポートフォリオ(A4/2 枚程度)を提出した。

*奨学金申請の有無や申請方法のコツ
 無申請。

■留学中

*学校や現地での生活の実際

【ハレでの生活の諸手続き】
 大学のInternational Office の学生チューターが生活をサポートしてくれる。チューターとの会話は英語。

【ビザ】
早めの申請を薦める。

【学生保険】
 交換留学生向けのオリエンテーションに保険会社の担当者が来るので、その場で契約。

【学生寮】
 日本でStudentenwerk を通して事前契約。光熱費込みで月200ユーロぐらい、部屋数は余裕あり。
 美術キャンパスとデザインキャンパスの中間にあるFelsenstr.か街の中心に近いHerz が選べるが、大学はやや郊外にあるのでHerz から通学する場合は自転車かトラムの定期があった方が便利。
 契約は学期ごとなので、次の学期の在籍許可が下りたらすぐStudentenwerk で契約更新をすること。
 退室は学校での除籍手続きが完了しない限り認められない。

【インターネット】
 学生寮の一室に通信会社のオフィスがあるのでオフィスアワーに訪問して契約する。月額15ユーロ位。
 それまでは大学図書館のフリーWi-Fi か、大学のアトリエの有線LAN を利用するのが便利。

【授業開始前に】
 担当教授に早めにコンタクトを取り、挨拶と自己紹介をして授業計画を聞くこと。
 専攻毎にチューターがいるので、チューターを経由して教授にアポを取るのが確実。
 尚、教養科目のスケジュールは各キャンパスの事務あるいは大学のWeb サイトで入手できる。

【工房について】
 交換留学生を対象にした講習会(共通工房/木工・金属・プラスチック)があるので、利用を希望する学生は必ず参加のこと。専攻がそれぞれ持っている工房については直接レクチャーを受けること。
 他専攻の学生が利用できるかは各専攻の方針によると思われる。
 専攻の工房としては陶磁器/写真/版画・印刷/ガラス/紙すき等があった。

【交通】
 1学期80ユーロぐらいの通学定期が便利。路面電車/バスの均一区間が載り放題。

【画材】
 大学には購買がない。素材は工房で注文できる。Felsenstr.の寮の近くには小さな画材屋があり、街の北部のホームセンター、街の中心部にある格安バラエティショップが便利。ライプツッヒに大きな画材屋がある。

*留学中に得たこと、困ったこと

<得たこと>
 調査・研究を目的としたため制作活動自体は少なかったが、ドイツ語を習得したため「ドイツ人の生の声」を聞くことができたのは大きな収穫だった。同級生の好意によりベルリンに1ヶ月半滞在でき、下火になったとは聞くが、現代美術の世界的ホットスポットを直接体感し、また、それを生み出した文化・歴史的背景にも触れることができ、自身の制作の参考となった。

<困ったこと>
【現地の言葉】
 旧東独の第一外国語がロシア語だったためか、大学の中や若い人を除いてあまり英語は通じない。

【各種手続き】
社会システムの差異等により手続き関係は日本より難航する。
 早めに行動する/アポを取って担当者をしっかり捕まえる/オフィスアワーと休暇を確認する等が有効。

■留学を終えて

*留学経験を踏まえた将来の展望
 現在正規での留学を目指し、ドイツの各美大の情報や奨学金の情報を集めている。

※学外へは一部を抜粋して公開しています。

【体験記】(ハレ)-1

【体験記】(ハレ)-2